ひろ(このブログはリンクフリーです)き日記

祝・長友のインテル移籍、岡崎のシュツットガルト移籍。 本田はどこに行く?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)3月13日現在のまとめ

今回の大地震をモロに食らった岩手県に住んでいた身としてやっと電気が復旧したのでまとめておこうと思う。
ここでは自分の周りについて報道の情報何とか合わせながら書いていく。

3月11日午後2時46分ごろ  地震発生
ちょうど学校にいた頃。
これの前に発生した地震と同様長い横揺れであり激しさは感じず、あまり大きくはないと認識していた。
というのもガラスが割れる、時計が落ちる、天井が落ちるなどの被害がなかった。
その後も大きい余震が複数発生し情報も足りず何も連絡はなかった。
というのも直下型地震ではなかったためそこまで直接的な建物への影響は少なかったよう。
自分のいた紫波町は震度5弱、となりの矢巾や花巻は震度6弱と記録されている。
同日午後2時59分ごろ 津波観測
実際この時点で津波が来たことなどの情報はひとつもなかった。
ここから30分後ぐらいにやっと帰れと言われた。
そこまでで約7回余震にあう。
同日3時半過ぎ?  帰宅
電気がこない、電話がつながらない、電車が動かないということで歩いて帰宅を予定。
しかし実際は公衆電話が使えたため利用しタクシーを呼ぶことにする。
コレクトコール(無料)で書けるも紫波・日詰タクシーにはつながらずヒノヤはつながるも誰も電話を取らない。
手元にあった100円で日詰に電話を掛けるとつながったので利用。
そして帰宅に成功。
ここで家の状態を知ることができた。
倒れやすいものがとにかく倒れたよう。
しかしテレビは倒れていなかったなど大きな家への被害はない。
とにかくLEDライトとラジオを確保。
ここで沿岸が津波で壊滅状態であること、震度がとても大きかったことを知る。
水槽の水なんかが玄関ではぶちまけてあり大変な状態ではあったがとにかく1階だけを整理。
Xbox360とWiiがドミノのように倒れてあり、当然重心の高いXbox360がWiiに寄りかかるように倒れてあった。
同日午後4時過ぎ  父帰宅
地震が地震だったため即帰ってきたよう。
ここで千葉のコンビナート火災なんかも知る。
それからしばらくして母親も帰宅。
実はここらが記憶がはっきりしないところもある。
実際、家に帰宅できた時間がもう少し遅いかもしれない。
まあライトなどの確保などに成功。
しかしどんどん暗くなる。
同日6時頃 簡単な夕食
正直やることは何も無いがラジオから流れる情報も様々で聞き入っていたという感じ。
体感時間はとても短かったのははっきりしている。
しかしこの間にも余震は多い。
7時にも近かったかもしれないがとにかく、帰宅の時に買ってきたらしいパンと家にあったカップラーメンで夕食を取る。
その後もLEDの明かりを利用しながら水とガスが出るので湯を沸かしてコーヒーなどで休憩。
同日8時か9時か  就寝
何もすることがないというのが大きな原因。
そして暖房器具がなく家でもフル装備でも寒いぐらいでありおちおち起きてはられない。
しかし大きな余震が多くまともに寝られるというわけでもないが変な疲労感もあったのでそれなりには寝た。
夜に腹痛が起きたのには正直ビビった。
まあ真冬や真夏じゃなかったのはいいことかもしれん。

3月12日午前9時頃 買い物へ
この前に簡単な朝食を済ましてのこと。あと寝たのが早かったからか随分と早起きだった。
水とガスが無事だということは大きく料理には電子レンジが使えないこと以外はそれなりに食事には困らない。
しかし朝になって更に情報が増え、沿岸がやばいことと死者が1000人を越すとか聞いたところ。
買い物へといったが物凄い列。
こんな大災害の中列ができるだけ凄いことであるんだろがここは日本。当然のこと。
2時間待ち何とか買える。
しかしレジも動かずすべて電卓なので商品の値段が書いてないのは店員に手書きで書いてもらわなければならない。
それぐらい面倒な状態、しかし来たのが早めであったためあまり待つこともなく次の日にはカップラーメンなんかが無かったことを考えるとこの時間にこれたのは大きかった。
ここでカップラーメン、インスタント食品、飲料等々を購入。
同日午後1時半 暇つぶしの外出へ
盛岡へ。
まだ電気が復旧でき停滞時間なのでどこの店も閉まっている。
一部、やっているところもあるが列がすごい。
ちっちゃいコンビニにすら行列。
盛岡で一つバイトを総動員したのか随分と多い人数でやっていたコンビニがあったがここは列がなくはいれた。
電池なんかはもう売り切れていた。
本当に必要なものは売り切れているようだった。
正直、国道4号がほとんど信号なしの警察官の交通整理なしで機能していたのには感心した。
どこでも列ができ治安の悪化もないのはさすがの日本だなと思った。
同日5時 帰宅
特に家での変化はない。
やることと言ったらラジオを聞くしかなく、後は何か食べるだけ。
家でもそんな感じだった。
この後にマグニチュードが9.0に修正されたような記憶がある。
まあこの後は特に影響もなく昨日のように就寝。

3月13日 朝
夜にラジオで矢巾まで電気が復旧と聞き、そろそろかと思っていた頃。
午前はぐだぐだと過ごす。
電気の復旧は一向に訪れず、ただ死傷者の増えるニュースと原発の爆発のニュースを聞く。
同日午後 外出
行ったのは紫波の中心へ。
ユニバースでは列ができる。
しかしこのころそこら辺では電気が復旧したらしくサンドラッグなんかは電気を付けていた。
家の電気が復旧まだなのに対しナックスなんかがゲーセンまで電気を通したのにはムッとした。
ここでは正午には電気が復旧していたらしい。
実際、自分の家まで電気が復旧するにはここから4時間はかかった。
ナックスでは昨日ほとんど必要な商品は在庫がすべて買われたらしくカップメンの棚は綺麗に何もなかった。
サンドラッグでカイロと電池を購入。
同日4時頃 帰宅
家では親がラジオなりカーナビのワンセグでテレビなんか見ていた。
それから少し立ち金魚の水槽のポンプが急に作動。
これで電気の復旧を確認した。
早速テレビなんかで情報の収集にあたる。
どこもかしこも原発のニュースをやっていたのは東京への影響からだろう。
福島は東北だが原発は東京電力のものなので実際に電力での影響が出るのは東京。
もちろん火力や水力発電所も大丈夫ではないのでこっちも電力が安定しているとは言えず発電所が完全に復旧していないうちは心配でもある。

とまあここまでだろう。
11日か12日には日本全国の海岸線で津波警報なり注意報なりが発表、13日に解除となる。
当日はマグニチュードは7.9の発表だったがそこから8.4→8.6→8.8→9.0と変化してく。
最大震度が7というのには驚いた。
余震についてM5.0以上だけでも130回以上起きているらしい。
12日ぐらいには長野で別の地震も発生。関東でも死者が出る。
同日、アメリカで津波の注意報が出たらしい。
実際ニュースだけでも様々な情報がある。
死者は次々と増加、ここでは電力が復旧もまだしていない地域も多く、水、ガスさえ無いところも多い。
電気がないためガソリンスタンドも動いていない所も多い。
13日には沿岸で遺体安置所が設置される。

とまあ様々なことがあった。
内陸部では直下型地震でないため被害は少ない。
しかし一時は岩手全域で停電したなど影響は随分とあった。
岩手と言っても地盤の硬さの違いで場所によりずいぶんと震度は違ったようである。
正直自分でも情報がまとめられていない。
今後更にまとめて書いていければいいと思う。
東北地方ではM7.0ぐらいの余震が有るらしいいので注意したほうがいいだろう。
海外の支援では同盟国アメリカと親日国トルコと反日だが地理的にもアメリカよりであることもあり韓国が食料の犬を連れてきたらしい。

今日はこれで以上。
スポンサーサイト

コメント

特定しました……

フヒヒ

お疲れさんですた

  • 2011/03/14(月) 14:59:22 |
  • URL |
  • sabon #-
  • [ 編集 ]

特定しましたされんじゃね?フヒヒ
お疲れさんですた。

  • 2011/03/14(月) 15:00:47 |
  • URL |
  • sabon #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nodoame466799.blog47.fc2.com/tb.php/155-8adacf47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。